より良い住い創り

近年、地球温暖化の問題が叫ばれている中、省エネと環境に優しい住いつくりへの関心は高まり、 太陽を利用して自家発電をする太陽光パネルの設置や、地球の熱からお湯を作り出すエコキュートの取り付け、 ガスからIHヒーターへの変更等の需要も年々増加しています。 また、昨年の11月には国の方針で買取制度の変更により電力会社からの太陽光発電システムを設置している 一般家庭からの売電が、以前の1kw24円から48円に倍の単価で売電されることになり設備投資回収年数 も短縮され設置されているご家庭では優遇されるようになってまいりました。 静岡システムエンジニアリングではこのような省エネ・環境対策にかかわる工事から 日々の暮らしのメンテナンス工事まで、豊富な経験と知識を活かし皆様の暮らしの向上を目指しております。
主な業務内容

  太陽光発電


太陽光発電は、ソーラーパネルで電気をつくり、自宅の電気として使用します。 残った余剰電気は自動的に電力会社に売電する事ができます。
春と秋には空気の層が綺麗なので電気の発電量も多いです。 ソーラパネルから無限の太陽光をご家庭で自家発電し環境に貢献できるのも太陽光システムの役割です。
詳細はこちらから

  エコキュート


エコキュートは、「空気の熱」を利用してお湯を沸かす電気給湯機です。
エコキュートはヒートポンプという室外機で空気中の熱を圧縮して水を高温にしタンクの中に貯めておきます。
ランニングコストが安く光熱費の節約ができます。
火を使わないのでとても安全な給湯器です。
これを機会に是非ご検討ください。
詳細はこちらから


  エアコン工事


家庭用から業務用まで専門の施工者が担当しております。 (電気工事は全て国家試験の電気工事士の免許も取得者が行ないます)
新規取付けからお客様手持ちのエアコンも据付しますので工事だけのご依頼も喜んで承ります。
特殊の工事もお見積りのご依頼があれば伺わせていただきます。
詳細はこちらから

  空調洗浄・エアコンクリーニング

カビ臭いニオイがする!冷暖房の効きが悪い!水が飛んでくる!結露が出る! こんな症状がでたらエアコンクリーニングで解決! ニオイが取れる!機能回復!長持ちする!節約につながる!綺麗になる! ルームエアコンから業務用エアコン・ビジネスホテルのファンコイル洗浄まで専門のスタッフ がお掃除いたします。遠慮なくお問合せください。
詳細はこちらから


太陽光発電

  今なぜ太陽光発電が注目されてきたのかみなさん知ってますか?

電力会社から電気の買取制度が2009年の11月1日からスタートしました。
これにより、太陽電池を使って家庭でつくられた電力のうち、自宅で使わないで 余った電力を、1キロワット時(kwh)あたり48円で電力会社に売ることが できます。
この価格はこれまでの約2倍。太陽光発電システム導入にかかる費用も、 約10年〜15年で回収できるようになります。
この制度により日本の太陽光発電導入量を拡大することで、エネルギー源の多様化に 加えて、温暖化対策や経済発展にも大きく貢献できることでしょう。

今、話題になってるオール電化とは
電気は太陽光発電により太陽の自然エネルギーを利用しソーラーパネルで自家発電をして使用します。
自宅で使用し た以外の余剰電力は電力会社に 購入してもらいます。
ご家庭で使用している調理器具や給湯器や暖房をIHクッキングヒーターやエコキュート等にして電気に集約すればCO2や水蒸気などの燃焼ガスが発生しない、オール電化となります。

大きな安心感も、オール電化だからこそ。
火を使わないから火災のリスクもありません。
IHクッキングヒーターなら、 調理中にあやまって服の袖口や油などに引火する恐れもありません。
もちろん、不完全燃焼とも無縁です。
また、うっかりスイッチを消し忘れても、鍋の温度を感知して自動的にスイッチOFFになるなど、万一の安心機能も充実しています。
家族みんなが安心して暮らせるのも、オール電化の魅力です。

太陽光発電導入の3大メリット
  1.二酸化炭素の排出量を抑えることで低炭素社会を目指せます

太陽の光は、ほぼ無限に降り注ぐクリーンなエネルギー。
化石燃料の利用による二酸化炭素の排出を抑える為にも自然エネルギーの太陽光発電の普及が重要です。


  2.経済効果が大きい!幅広い雇用効果も期待されます

太陽電池の製造から、販売、施工にいたるまで裾野の広い雇用効果が期待されます。
世界シェアーの3分の1を獲得することで、最大で10万人以上の雇用を生むと言われています。


  3.エネルギー自給自足国家へ

太陽光発電システムの導入により自宅の電気は自宅で作り出すといったことが多くなります。
さらに、各家庭に普及させることにより、資源を輸入に頼らず国内で自給自足国家を目指すことが可能になりました。